COMPANY

代表メッセージ
[ Top Message ]

株式会社中村超硬は、特殊材料への難加工技術の獲得に努力を重ね、電子機器の小型モバイル化に必要とされる微小電子部品の高速配列用ダイヤモンド吸着ノズルを開発し、産業機械及び工作機械向け設備用高機能部品を各種産業界に提案・販売してまいりました。

その後、当社は自立的成長を可能とするイノベーション創出型企業への構造転換を目指し、先端産業のものづくり課題解決を目的とする研究開発活動を開始しました。そのなかで、当社は行政の中核的施策である産学連携をフルに活用し、オープンイノベーションによる的確な研究開発を推進することで早期に事業化を実現できました。なかでも、独自のプロセス開発で製造の高速化による低コスト化を実現したダイヤモンドワイヤは、シリコンウエハの生産手法において革新をもたらす戦略的商品であり、世界の太陽電池市場の中でも存在を増してきております。現在、当事業は主力事業として高い成長性を示しております。

また、当社では医療分野と環境分野における新規事業の創出に取り組んでおります。

特殊材料の微細溝加工(マイクロチャネル)に端を発し、産学連携でシステム開発を行い、2012年に発売したマイクロリアクターシステムは、化学合成手法を従来のバッチ方式から効率的かつ環境に優しいフロー方式に転換することを可能とします。2016年1月には、産業技術総合研究所バイオメディカル部門と自律型自動合成装置の共同開発をスタートし、今後、創薬プロセスにおいて創薬開発の迅速化、低コスト化を提案していくことで、付加価値の高い化合物における受託合成事業の開始を目指しております。

また、太陽電池用ウエハの製造現場で発生する大量のシリコン屑の有効活用を目的として、2013年6月から大阪府立大学及び東京大学と共同研究を実施してまいりましたが、その成果として様々な高機能セラミック材料の合成技術の開発に成功し、産業用途への提案を進めております。なかでも、東京大学との共同開発で獲得した革新的製造プロセスによるゼオライト・ナノ粉末は、高機能なゼオライト材料の性能を低コストで飛躍的に向上させることを可能とし、当製品が環境分野、化学分野など幅広い分野で採用されることに期待しております。

当社は、今後も引き続き社会に役立つ企業として、成長産業のものづくり現場での課題を探索し、その解決策を見出すことで持続的に新事業を生み出し成長を続けられるよう、社員一丸となってチャレンジを続けてまいります。どうぞ、皆様方のご支援を心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長 / 工学博士