COMPANY

会社沿革
[ Company History ]

創業〜

1954年 
昭和29年
10月 ミシンの小ネジを作る会社として
堺市旭ケ丘北町に中村鉄工所を創業

創業者 中村 繁

1964年 
昭和40年
  超硬合金加工技術に着手

チップ切断加工

1970年 
昭和45年
12月 株式会社中村超硬を設立
耐摩耗部品事業のスタート
超精密研磨にて寸法差1μmの
内径測定用ゲージを製作
1975年 
昭和50年
  特殊ロウ付・熱処理技術を開発
放電加工を開始
1987年 
昭和62年
  創業者 中村 繁が急逝
井上 誠(現社長)が事業を継承

 井上 誠(32歳)

1988年 
昭和63年
  PCD(焼結ダイヤモンド)の加工技術に着手
素材提案力を強化
1989年 
平成元年
7月 大阪府堺市西区鳳南町に本社工場を新設し移転

1990年〜

1994年 
平成6年
  電子部品吸着ノズルを開発、及び量産開始
実装事業分野へ参入
1995年 
平成7年
  堺市西区鳳南町の本社工場を増築
1999年 
平成11年
5月 ISO 9001取得
2001年 
平成13年
6月
12月
堺市西区鶴田町にMACセンターを新設(現本社)
ISO 14001取得
2005年 
平成17年
11月
4月
5月
 
MACセンター南棟を新設
医療機器製造業、製造販売業許可取得
初の自社ブランド装置であるノズル洗浄機 「MAC-Ⅰ」を開発・販売
2008年 
平成20年
4月 日本ノズル㈱の全株式を取得し、 100%出資子会社とする
2009年 
平成21年
5月
11月
ノズル洗浄機「MAC-Ⅲ」発売
太陽電池用シリコンウエハの生産開始

2010年〜

2010年 
平成22年
1月
 
1月
大阪府和泉市あゆみ野に和泉工場D-Next(第1号棟)を新設
太陽電池用シリコンウエハの量産開始
2010年 
平成22年
6月 本社工場(鳳南町)を閉鎖し、「MACセンター」(堺市西区鶴田町)に本社を移転
2010年 
平成22年
9月
 
12月
大阪府和泉市あゆみ野に和泉工場D-Next(第2号棟)を新設、 ダイヤモンドワイヤ「DINA-PRISM」販売開始
全社にて 「ISO9001」「ISO14001」を取得
2011年 
平成23年
6月 大阪府和泉市あゆみ野に和泉工場D-Next(第3号棟)を新設(ダイヤモンドワイヤ製造)
2012年 
平成24年
4月
最適反応条件自動検索用マイクロリアクターシステム発売
2013年 
平成25年
2月 中国上海市に現地法人:上海那科梦乐商贸有限公司 を設立
2013年 
平成25年
9月 太陽電池向けシリコンウエハスライス事業を当社と住江織物株式会社による合弁会社中超住江 デバイス・テクノロジー株式会社に譲渡
2015年 
平成27年
6月
12月
東京証券取引所 マザーズ市場に上場(証券コード:6166)
大阪府和泉市あゆみ野に和泉第2工場を開設(ダイヤモンドワイヤ製造)
2016年 
平成28年
9月 大阪府吹田市に「フロー合成研究所」を開設(マイクロリアクター関連)
2016年 
平成28年
12月 沖縄県うるま市に沖縄工場(ダイヤモンドワイヤ製造)を開設
2016年 
平成28年
12月 持分法適用会社 中超住江デバイス・テクノロジー株式会社の株式を取得し、連結子会社とする  (2018年8月  解散)